スズメバチに刺されないために蜂の巣ができるスポットをおさえる

巣を作りやすいスポットを要チェック

危険なスズメバチを回避して蜂毒から身を守るためには、蜂の巣を作りやすいポイントを知っておくことが大切です。自然の中ではなく人が生活する住宅地に潜むスズメバチの危険スポットを見てみましょう。

軒下
開放的な空間にスズメバチが巣を作る際は、屋根の軒下や庭木の中などの雨風をしのげる場所に作られることが多いです。そのため定期的に軒下や庭木をチェックし、蜂の巣ができていないかを確認しておく必要があります。作られたばかりの小さな巣であれば、個人でも巣を撤去することが可能です。
天井裏/壁の中
閉鎖的な場所では主に天井裏や床下などを選択するのが一般的で、最近では知らないうちに住宅でスズメバチが巣を作っていたというケースが多数発生しています。こうした場所は個人で点検を行なうことができない場所であるため、自宅付近でスズメバチをよく見るようになった場合は業者の方に点検してもらうのがベストです。
庭木
スズメバチは住宅の中や軒下だけでなく、倒れた木の中や切り株の下にも巣を作ることがあります。そのため農業やガーデニングなどを楽しむ際は注意し、誤って蜂の巣を踏んでしまったりしないように注意しなければなりません。間違えて巣を踏んだりしてしまうと、怒ったハチが巣から大量に飛び出してくる可能性が高いです。

刺すハチと刺さないハチについての予備知識

ハチにはいろいろな種類のものが存在していますが、狂暴性が高くて人を刺してくる可能性が高いハチは細腰亜目と呼ばれるものだけ。細腰亜目の中でもスズメバチは高い攻撃性を持っているためとても危険ですが、アシナガバチやミツバチはこちらから手を出さないかぎり攻撃を仕掛けてくることはありません。

オスの蜂は刺さない

蜂が持つ毒針は産卵管が変化したものであるため、オスが人を刺したりする可能性は皆無です。反対に広腰亜目のハチは人を刺すことがないため、見かけても気にせずに普段通りの生活を楽しむことができます。

to top