迅速に蜂の巣を駆除するなら初期営巣段階が有効

スズメバチの巣の特徴

スズメバチの蜂毒対策には、大元となる蜂の巣を駆除することが必要でしょう。種類によっても巣の大きさや特徴は違いますし、効果的に駆除できるタイミングがあるので事前確認が大切です。

スズメバチ駆除は初期営巣段階が有効

スズメバチがつくる蜂の巣は大きさがだいたい10センチから40センチほどであり、巨大なものであれば1メートル以上の大きさに成長することもあります。色は茶色のマーブル模様が表面に現れており、表面には出入り口が一か所だけ作られているのが一般的です。蜂の巣の形状は種類によって異なるため、巣先にチェックすれば種類を簡単に把握することができます。

蜂の巣の状態で駆除料金が変わる

スズメバチの巣は5月から6月頃に作られ、7月になると巣で育てていた働き蜂が活発に動き回るようになります。徐々に巣の大きさは拡大していきますが、10月や11月には女王蜂を残して他は全滅してしまうのがスズメバチの生態です。
そのため蜂の巣を駆除する際は営巣を開始して初期の頃がとても最適であり、この時期に作業を行なえば手早く巣を撤去することが可能です。女王蜂に刺される可能性はとても少ないため、巣を除去する際に刺されてしまう心配はありません。

to top