ハチアレルギーの発生に注意!スズメバチ対策は蜂の巣駆除で

蜂毒のリスクから回避するには蜂の巣駆除が有効

蜂毒によるアナフィラキシーショックを起こさないようにするためには、「ハチに刺されないこと」が第一条件となります。ですから、刺されないためにやっておくべきことを実践することが大切です。危険かつ毒性の高い種類と言われているスズメバチ駆除や蜂の巣退治に関する有効な対策を見てみましょう。

病人

専門業者へスズメバチ駆除依頼

スズメバチがつくる蜂の巣は、ボール状に作られておりどのような大きさの巣でも出入り口は一つしか作られていません。そのため業者は、蜂の巣の入口を塞ぐことでハチが中から出てこれないようにし、その状態でスプレーを中に噴出することで駆除を行ないます。防護服などの装備を活用してから作業を行なうため、怪我をすることなくスムーズに駆除を進めていくことが可能です。

駆除料金の相場をチェック

都心部で駆除されるスズメバチにはいろいろな種類が存在しており、ハチの種類で駆除費用は変わります。ミツバチやアシナガバチなどを駆除する際は駆除費用が高額になることはありませんが、スズメバチの駆除はとても危険性が高いため高額な駆除費用になってしまうことが多いです。特にオオスズメバチは危険性が高くて毒性も高いため、駆除を行なうには4万円から5万円程の費用がかかってしまいます。一般的なスズメバチの蜂の巣駆除費用は、2万円から3万円程なので蜂の巣駆除の目安をみてから依頼しましょう。

ハチ

蜂毒に注意!アナフィラキシーショックの恐ろしい影響

アナフィラキシーショックは怖い(33歳/東京都)

山でスズメバチに刺されて死亡したというニュースを耳にしました。週末はアウトドアの時間を楽しむことが多いので、出来る限りの対策をしています。

人が住んでいる住宅街にも出没するハチはスズメバチやアシナガバチ、ミツバチなどいろんな種類があります。これらの中でも特に気をつけないといけないのは、細腰亜目に属する毒針を持ったハチ。この毒針に刺されることにより、強い痛みと怖いアナフィラキシーショックを起こします。ここで、アナフィラキシーショックとは何かを見てみましょう。

蜂毒によるアナフィラキシーショック

毒針に刺されてしまうと体内で抗体が作成されるようになり、再度ハチに刺されるとハチアレルギーが発症してしまいます。こうしたアレルギー反応はアナフィラキシーショックと呼ばれており、主に発汗や吐き気などの症状が発生します。人によっては頭痛や吐き気などの症状が発生することもある上、最悪の場合呼吸困難や血圧低下などによって亡くなってしまう可能性さえあります。最近では、ハチに刺されて死亡する方の数が徐々に増えてきていました。

ハチ刺傷による全国の死傷者数(2010年~2015年)

出典:蜂刺傷による全国の死傷者数(厚生労働省)
#デザイン希望(表データ化)#

2回目に刺された時にリスクが高まる

蜂毒に含まれているヒスタミンは人間の体内にも存在しており、ハチに刺されると体内に存在するヒスタミンが大量に増えてしまうことになります。こうして体内のヒスタミンが増加してしまうとアレルギー反応が発生してしまい、身体に重篤な悪影響を与えてしまう可能性が高いです。そのため一度刺されたことがある方は、今後刺されないように対策をとる必要があります。

to top